Top

製品/ソリューション
マルチコア向け組み込みソフトウェア自動生成 (Silexica)

Silexica社はC/C++コードを静的&動的に解析することで、マルチコアやFPGA向けの先端ソリューションを提供しています。
・C/C++フロー:シーケンシャルまたはスレッド化されたソースコードの解析と並列化可能個所の検出
・Automotiveフロー:AUTOSAR準拠のソースコードをマルチコアにマッピング
・FPGAフロー:C/C++コードのリファクタリングおよびHW/SWの分割とOpenMP, HLS向けプラグマの自動挿入。ザイリンクス社SDSOCおよびVivadoと協調することでFPGAに自動実装

検証IP関連ソリューション (SmartDV)

SmartDV社はベンダのシミュレータやエミュレータに依存しない350種類以上各種VIPを自社で開発しています。またRISC-Vといった先進のデザインに対する検証サービスも開始しました。
・シミュレータ向け検証IP
・SimXL:合成可能な検証IP
・ポストシリコン検証IP
・アサーション向けVIP
・デザインIP
・検証・デザインサービス

リントおよびCDC関連ソリューション (Blue Pearl)

Blue Pearl社は非常にコストパフォーマンスの高い、リント、CDC、ツールおよびグラフィカルなデバッグ環境を提供しています。Blue Pearl社製品を使用することで検証機関を大幅に短縮可能です。
・HDL Creator:書きながら文法とリントチェック
・Visual Verification Suite
・Analyzer RTL:リントチェックとデバッグ
・Advanced Clock Environment(ACE):クロック系統の自動解析
・Clock Domain Crossing(CDC):クロックドメインの解析
・SDC Generator:業界標準SDCの自動生成
・Management Dashboard:進捗状況およびError,Warning,Waiver等の管理
・FPGAフローとの統合:FPGAのライブラリ登録済み、UltraFastルール対応

低消費電力化ソリューション (Intel/Docea)

消費電力と熱は今後の設計において非常に重要になります。Doceaでは高速な熱解析モデルを提供することで、リーク電流を加味した動的な電力シミュレーションを可能にしました。

・IDPA:パワーのモデリングおよび静的消費電力解析
・IDTP:静的・動的熱解析
・IDPA:消費電力と熱の動的解析

ログデータ解析 (Vtool)

膨大なログデータの解析をエクセルだけで行うことは非常に大変です。Vtool社が提供しているCogitaを使用することでマクロを組むことなく、数ギガバイトものログデータをグラフィカルに解析することができます。

・Cogita:UVM,エミュレータ,Cソース等から出力されたテキストベースのログをグラフ可視化することでデバッグ期間を大幅短縮

技術文献
SLX Mapperを用いた、歩行者検出アルゴリズムHOGのマルチコア・プラットフォームへのマッピングとその効果に関する動画(日本語字幕)
https://www.youtube.com/watch?v=EzL11XRWGqs&feature=youtu.be

Huawei Case Study
Huawei Wirelessは、2014年から次世代の無線規格(4.5G / 5G)向けの複雑なマルチコアSoCの開発において、マルチコアSoCの消費電力と性能の最適化を実現するために、Silexicaと提携しています。 SLXを使用することで、従来の手法に比べて性能と電力効率の両方を大幅に向上できました。
Huawei Case Study (981.8 KiB)

LTE/ Base Station White Paper
本稿では、HW / SW分割、処理要素数、システム運用パラメータなど、システム設計者が設計早期に決断しなくてはならない典型的な基地局設計シナリオを題材に、 SLX Tool Suiteを用いてターゲット・アーキテクチャに対する最適な解を探索します。
Whitepaper (2.0 MiB)

イベント
2019年7月5日
Nextream Solution Seminar開催