Blue Pearl Software、ネクストリーム社との パートナーシップによって日本における存在感を拡大

Blue Pearl Software、ネクストリーム社とのパートナーシップによって日本における存在感を拡大

Visual Verification Suiteがネクストリームと富士ソフトの両社から提供可能に

カリフォルニア州サンタクララ –  2018年3月23日 –  ASIC、FPGA、およびIP RTL検証用の設計自動化ソフトウェアのリーディング・プロバイダであるBlue Pearl Software、Inc.は、本日、ネクストリームと、日本市場における次世代のVisual Verification SuiteなどのRTL検証ソリューションを提供する契約を締結したことを発表しました。

 

ネクストリーム代表取締役&CEO 川原 常盛のコメント:
「ネクストリームは顧客に対して、価値の向上、開発の加速およびリスク削減を可能にする、革新的な新技術とソリューションを導入することに重点を置いています。信頼性の高いRTL 提供を可能するBlue Pearl SoftwareのVisual Verification Suiteを、日本の顧客に紹介できることを光栄に思います。」

Blue Pearl Softwareの顧客は、シミュレーションと実ハードウェア間の不一致、無効なタイミング制約や、メタスタビリティーといったクロックの問題等により、コストや時間が掛かる設計のリスピンを避けたいコンスーマ、通信、軍事、航空宇宙、安全性に重点を置く設計企業のマネージャーおよびRTL設計者です。Visual Verification Suiteは、RTLシミュレーション・ソリューションを補完し、統合された使いやすいリント、デバッグ、クロック、およびクロックドメインクロッシング解析を備えた環境で、業界で最も速いバグの発見/修正率を実現します。Visual Verification SuiteはWindowsとLinuxの両オペレーティング・システムで利用できます。

Blue Pearl Software社 会長兼最高経営責任者(CEO)エリス・スミス氏のコメント:
「本提携は、Blue Pearl Softwareの日本市場への継続的な成長と公約を強調しています。 私たちの顧客は、ニーズに応じてネクストリームや富士ソフトと緊密に連携することができます。」

Blue Pearl Software Inc.は、ASIC、FPGA、および IP 設計において、 DO-254準拠の RTL検証用のソフトウェアを提供しています。Blue Pearl Softwareの顧客は、シミュレーションと実ハードウェア間の不一致、無効なタイミング制約や、メタスタビリティーといったクロックの問題等により、コストや時間が掛かる設計のリスピンを避けたいコンスーマ、通信、軍事、航空宇宙、安全性に重点を置く設計企業のマネージャーおよびRTL設計者です。ブルーパールの詳細に関しては、ウェブサイト www.bluepearlsoftware.com をご覧ください。

ネクストリーム社は、世界中の多くの企業に対して、付加価値の高い製品の再販、サポート・サービスを提供しています。長年に渡る実績を活かし日本国内の半導体、システム企業にたいして、自動電子設計(EDA)製品およびIP(知的財産)の新しく革新的な技術や、ソリューションを紹介することに注力しています。 ネクストリーム社は本社を横浜に置いています。詳細に関しては、ウェブサイトwww.nextream.bzをご覧いただくか、Email: kawahara@nextream.bzにお問合せください。