マルチコア向けソフトウェア開発ツールSLX Tool Suiteの最新バージョンをリリース 新たなキャッシュ解析、オートモーティブ開発パッケージをサポート

マルチコア向けソフトウェア開発ツールSLX Tool Suiteの最新バージョンをリリース 新たなキャッシュ解析、オートモーティブ開発パッケージをサポート

2017年5月10日CEO Maximilian Odendahl がChipEx2017で講演
SilexicaはChipEx2017に出展

 

独ケルンおよびカリフォルニア州サラトガ発 – 2017年4月26日 – 複雑なマルチコア・プラットフォームに対応するマルチコア・ソフトウェア設計自動化の業界リーダーSilexicaは、本日Silexica SLX Tool Suiteバージョン2017.4 のリリースを発表しました。このリリースでは、マルチコア・プログラミングとコード分割の効率を向上させる多くの新機能を提供します。Silexica はまた、利用可能なプラットフォームの拡張リストに新しいプラットフォームを追加した事を発表しました。

SLX Parallelizerのメモリ解析を改善
SLX Parallelizerは、キャッシュの動作をシミュレートし、使用統計を見積もる強力な再構成可能なキャッシュ・アナライザを初めて追加します。 キャッシュは、プロセッサ上で実行されるアプリケーションのメモリアクセス時間を向上させるうえで重要な部分です。 アプリケーションのメモリアクセス・パターンを分析し、メモリ階層を設計することは、重要な設計機能であり、SLX Parallelizerはこの分析において設計者を支援するために、重要な新しい機能を追加します。

この再構成可能なキャッシュ・アナライザは、Silexica の柔軟なプラットフォーム・モデリング・インフラストラクチャに基づいて構築されており、ユーザーは、キャッシュの構成パラメータだけでなく、幅広い種類のメモリ階層構造を指定することができます。

SLX Parallelizerの既存の可変解析およびコード・プロファイラの機能と並行して、緊密に統合されたキャッシュ・アナライザは、キャッシュの動作をアプリケーションのソースコードに直接関連付けることができます。 ターゲット・プラットフォームの全てのキャッシュレベルにおけるデータおよび命令のヒット/ミスを含む統計結果は、変数やソースラインに直接接続することができます。

Silexica CEO, Max Odendahlのコメント:
「アーキテクトは、アプリケーションのメモリアクセス・パターンの分析と、プラットフォームのデータレイアウトおよび複雑なメモリ構造の最適化のイタレーションによって、パフォーマンスにセンシティブなアプリケーションを設計します。 これには、膨大な人手による労力と時間がかかります。 アプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させようと考えるSoCベンダは、彼らのツールボックスの貴重な資産となる、新たなキャッシュアナライザを備えたSLX Parallelizerに辿り着く事になるでしょう。」

SLX Mapperによる更なるアプリケーションの洞察
SLX Mapperは、新しい一連の視覚化機能を追加し、計算されたマッピングとシミュレートされたマップのアプリケーション実行時の動作についてより深い洞察を提供します。 アプリケーションのガントチャートには、レイテンシとスループットの制約と実行ポイントのマーカーが表示されるようになり、複数のコアがアプリケーションのパフォーマンスに与える影響を分析することができます。 さらに、タスクの状態をより細分化して報告することで、OSスケジューラの決定の影響を理解したり、明らかなデータの飢餓状態 (パフォーマンスのボトルネック) を検出したりすることが容易になります。

SLX Generator の新たなターゲット
Silexica は、ARM Cortexファミリの32ビット ARMv7 や64ビット ARMv8 プロセッサ・コア、LinuxベースのPower-PC 32 ビットおよび64ビット・プロセッサを追加することにより、既製のターゲットのライブラリを拡張し続けています。

ターゲット固有の並列化およびマッピング分析は、NXP QorIQファミリのようなPower-PC プロセッサのマルチコア・プラットフォーム実装でもサポートされます。 また、SLX Generatorは、Linux ベースの OS を搭載したホモジニアス・マルチコア・プラットフォーム用の高速な FIFOライブラリ実装をSilexica コードジェネレーターに追加します。

プロジェクトのナビゲーションと視覚化の強化
SLX Tool Suiteの全てのツールにおけるナビゲーションと視覚化は、複雑なマルチコア・プロジェクトや巨大なコードの作業容易化機能によって大幅に強化されています。例えば、呼び出し依存関係グラフと CPNアプリケーション・ダイアグラムでカスタムフィルタを定義し、グラフ内のあるノード間を簡単に移動し、複数のガントチャートを同期的に検査することが可能になりました。

SLX Automotive Development
以前に発表したように、SLX Automotive Developmentパッケージは、各種SLX Toolで利用可能になりました。SLX Automotive Developmentパッケージは、車載アプリケーションにおけるコンポーネント間の依存関係 (すなわち、runnables とタスク間の依存性)、マルチコア実行可能スケジュールの視覚化、および AUTOSAR設定ファイルとの互換性など、ソースレベルの静的/動的解析と視覚化を提供します。SLX Automotive Developmentパッケージは、インフィニオンの TriCoreアーキテクチャと Aurixマルチコア SoCのハイレベルモデルを提供します。これらのモデルにより、並列化と分散解析時の高速かつ正確なクロスターゲット性能と通信オーバーヘッドの推定が可能になります。

ChipEx2017について
SilexicaのCEO Maximilian Odendahlは、2017年5月9日から10日にイスラエルのテルアビブで開催されるChipEx2017で講演します。Maximilian Odendahl はSLX Tool Suite と様々な業界セグメントのための今後のロードマップを紹介します。 参加者は、Silexicaの展示ブースでSLX Tool Suite のデモを見ることができます。

Silexicaについて:
Silexica は、2014年に設立されたソフトウェア設計自動化ツールのリーディング・プロバイダです。SLX Tool Suite は、ソフトウェア開発者および HW/SW システムアーキテクトが、マルチコアおよびメニーコアシステムを効率的に設計およびプログラミングするのに役立ちます。Silexica は、シリコンバレー、ドイツ、日本、韓国、中国に事務所を持つ非公開会社です。
Silexicaの詳細については、www.silexica.comを参照して下さい。

お問合せ先:
Christoph Berner
Silexica
press@silexica.com
+49 221 986 5619 0

株式会社ネクストリーム
川原 常盛
kawahara@nextream.bz
080-5655-9777